富山の起業と事業再生に必要なもの

 

市民活動にもっと役立てたらと思い活動しています。

 

あなたや貴方の会社が持つアイデア・コツ・ネタ(知的財産)が

 

もしかしたら何かの権利を取得して大きな収益をもたらすかもしれません。

 

権利化出来なくても、組織にとっての強みとして活かすには

 

どのようにすればいいのでしょうか?

 

このようなご相談を市民活動サポートセンターでは承っております。

 

 

富山で起業を考えていらっしゃる方、ちょっと待ってください。

 

事業をなんとか再生しなければならない方

売り上げが落ち込んでいる、

利益を上げたい、

もう一つ何かが欲しい。

 

起業するときには大切なノウハウやコツが沢山あります。

その中でも起業する際の商品やサービス、起業時のシステム仕組みは権利化できるか

を考える必要があります。

 

それは権利化することによってライセンスビジネスを行うことができるからです。

 

いわゆるレバレッジを効かせることができるからです。

レバレッジとはテコの利用 とでもいうことで一つの力を2倍にも3倍にもしようとい

うことです。

 

たとえば店舗でいえばスゴク美味しいたこ焼きを売るたこ焼き屋さんがあり、お客で

「こんなに美味しいたこ焼きならば自分でも売ってみたい独立したい」と 思った人が

居たとします。

 

たこ焼き屋のオーナーはたこ焼きの焼き方や材料の仕込み 等々を教えてフランチャイ

ズ化したとしたら本業の自分の店の売り上げの他にFC化 のライセンス料が入ってき

ます。

 

そこまで大きくしなくても、たこ焼きのもとの「粉」だけ売るとか焼き機が特殊でこ

れを 販売するとか、オリジナルのソースを卸すとか、これは、みな本業から派生した

ビジネス になります。 

 

 

たこ焼きのような飲食店ではない他の分野でも上記のような例はいくらでもありま

す。たとえばビル掃除の会社が自社の従業員の労働がきついことから、もっと簡単

に掃除が出来ないかと思案してある器具を開発しそれを使うことによって皆の作業

が楽になりました。

 

と、その掃除作業を目撃した同業者が自分のところにもそのやり方を教えて欲しいと

希望があります。

 

この会社は掃除器具の販売、その器具用に開発した洗剤の販売、掃除の仕方をフラン

チャイズ化します。それらからのロイヤリティーどんどん増えて本業以外が忙しくな

っていきます。

 

これは各社が持つ自社独特のアイデア、作業のコツ、製品化出来そうなネタ、そして

作業を効率化してくれるノウハウを権利化したということです。 

 

権利化するとは日本の法律で規定されている知的財産権法にのっとって製品化、商品

化しているのです。

 

形のある商品や製品は特許法や実用新案法、意匠法、そして商法が絡んできます。美

容師やクリーニングのような形の無い商品サービスを役務と言いますがこれらは商標

法、著作権法が大いに絡みます。

 

このように自社の持つアイデア、コツ、ネタ、ノウハウがどこまで権利取得出来るの

か出来ないのかを把握していくべきなのです。

 

 

権利化するというと、とても難しそうですが主婦の方や退職された方でも権利化に成

功している方はたくさんおられます。

 

たとえば、

 

・初恋ダイエットスリッパを開発した主婦の方

・しゃきっと水切りざるを開発した主婦の方

・ゴキブリホイホイ発明したのは定年7年後の男性

・洗濯後の糸くず取り具を発明した伝説の主婦

・アルミ箔利用の魚焼きトレーを作った主婦の方

 

これらはインターネットでググっていただくとコレでもかと情報があります。

中には法人化されて活躍されている方もおられます。

 

 

このように人のアイデア、コツ、ネタ、ノウハウというのは放っておけば何ともなり

ませんが意識して権利化を行った場合、莫大な利益を出す時があります。

 

まさに知的な財産なわけであります。

 

この世にあるものや仕組みは先人たちが考え具現化してきたものです。身の回りの物

を見るたびにあなたにもその力はあるのではないでしょうか。

 

 インタネットの広がりとともに人々の時間は縮まり距離も短くなりました。

 

権利化の最優先は時間です。

 

なぜなら日本の権利取得の第一の基準は「先願制」だからです。先願とは先に出願し

た者勝ちです。

 

ちょっとの差で権利取得できるものと出来ない者がいるのです。

 

 その財産的価値の差は計り知れないほど雲泥の差になってしまいます。

 

まず、知識を身につけましょう。

 

 

 

TOPへ

 

 

セミナー講座

 

 

リンク先

 

 

市民活動センターとやま

 

 

 

 

 

著 書

著書 スマート知ビジネス
著書 スマート知ビジネス